くろねこのしっぽ

携帯業界で働いています。携帯やスマホの事、趣味や日記など、色んな事を書いていきます。

2016年春モデル(ソフトバンク)

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOのベンチマークスコアが判明!改めて評判とスペックをレビュー!

更新日:

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOを発売決定!気になるスペックをレビュー!

2016年春モデルの目玉商品であるXperia Z5 501SOが発売されてから何日か経ちました。
auと同様ソフトバンクでも3種類あるXperia(エクスペリア) Z5から、このスタンダードモデルしか発売しませんので、評判などが気になるところですよね。

今回はこれまでの評判やベンチマークスコアなどが判明したXperia Z5 501SOを、改めてレビューしてみたいと思います。
[ad]



ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOのスペックとカラーバリエーション

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOを発売決定!気になるスペックをレビュー!

Xperia(エクスペリア) Z5 501SOのカラーバリエーションは4色でホワイト、ゴールド、グラファイトブラック、グリーンです。
こちらは、ソニーの公式発表とまったく一緒なので、auやドコモと変わりません。

Xperia(エクスペリア) Z5 501SOのスペック

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOを発売決定!気になるスペックをレビュー!

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOを発売決定!気になるスペックをレビュー!

2016年春モデルのAndroid(アンドロイド)では、他社が発熱問題からなのかSnapdragon 810を避け、ダウングレードしてまでSnapdragon 808を搭載する中、ソニーだけがSnapdragon 810の搭載に踏み切りました。

誰もが 発熱問題大丈夫? って、思いましたよね。
ですが、発売して時間が経った現在でも目立った発熱問題の報告は上がっておりません
さすがに、しっかりと調整できたいたみたいですね。

一部では電源ボタン付近の陥没で不具合がでているなんて噂がありましたが、報告数が限定的なので個体の当たりはずれレベルの話ではないかというのが業界の流れでしょうか。

カメラやディスプレイの性能は前機種のXperia Z4とほとんど変わっていませんが、2016年春モデルの他機種と比べると、それでもかなり良いレベル。

RAMやROM、電池持ちも2016年春モデルではトップクラスなので、今後2年間使うとしてもストレスはほとんど感じないでしょう。

機能面では、防水、防塵、おサイフケータイ、テレビに対応しているので、国内メーカーらしい、いわゆる「全部入り」です。

Xperia(エクスペリア) Z5 501SOのベンチマークスコア

次に、スマホの全体的な処理能力を数値化するベンチマークテストの結果です。

Xperia Z5 501SOのベンチマークテストのスコアは63000前後 となっています。
※ベンチマークスコアは様々な要因で上下するものなので参考程度にして下さい。

前作のエクスペリアZ4より大幅にスコアを伸ばす結果となりました。
CPUは前作と同じなだけに、ソニーの調整がかなり上手くいったという事なんでしょう。

処理能力は2016年春モデルの中でもトップクラスです。
普通に使う分にはもちろん問題ありませんし、処理能力、RAMも十分なので、3Dゲームや高負荷な作業にも問題なく耐えられるでしょう。

Xperia(エクスペリア) Z5 501SOとXperia(エクスペリア) Z4 402SOとの比較

ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOを発売決定!気になるスペックをレビュー!

こちらは前機種のXperia Z4 402SOとの比較です。

ほとんど一緒ですね・・・。

しかし、前作のXperia Z4 402SOはSnapdragon 810搭載のおかげでかなり発熱が問題になった機種です。

発熱対策をほぼカンペキにした新しいXperia(エクスペリア)。
そして、現状の2016春モデルのスマホでは、この機種よりも良い性能の機種がほとんどない事を考えれば、スペック自体がほぼ一緒でもしょうがいかなと思えます。



ソフトバンク Xperia(エクスペリア) Z5 501SOの新機能

電源ボタンに指紋認証機能を搭載

au Xperia(エクスペリア) Z5 SOV32を発売決定!気になるスペックをレビュー!

ついにXperia Z5 SOV32にも指紋認証がつきました。

しかも、電源ボタンに指紋認証機能が搭載されているので、本体を握るという自然な動作でロック解除ができるような設計になっています。
また、指紋認証は最大5パターンまで登録可能。

世界最速の0.03秒オートフォーカス機能

au Xperia(エクスペリア) Z5 SOV32を発売決定!気になるスペックをレビュー!

メインカメラに搭載されている、世界最速0.03秒オートフォーカス機能。
上の写真のように激しい動きをしている場面でもシャッターチャンスを逃さず撮れますよね。

まとめ

auに続き、ソフトバンクでも3モデルあるXperia Z5からスタンダードなモデルしか発売しません。

スペックは、ほぼ前機種のXperia Z4 402SOと同じですが、結局は2016年春モデルの中でもトップクラス。
国内メーカーで高性能のスマホを検討するなら、今期はダントツでソニーのXperia Z5という事になりそうですね。


-2016年春モデル(ソフトバンク)

Copyright© くろねこのしっぽ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.