くろねこのしっぽ

携帯業界で働いています。携帯やスマホの事、趣味や日記など、色んな事を書いていきます。

2016年春モデル(ドコモ)

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hのベンチマークスコアが判明!改めて評判とスペックをレビュー!

更新日:

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを発売決定!気になるスペックをレビュー!

2015年冬春モデルの目玉商品であるXperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hが発売されてから何日か経ちました。
3種類発表されたXperia(エクスペリア) ですが、全て同じCPUを搭載しているだけに、先行して発売されたXperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hの使用感や評判などが注目されていますよね。

今回はこれまでの評判やベンチマークスコアなどが判明したXperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを、改めてレビューしてみたいと思います。
[ad]

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hのスペック、容量とカラーバリエーション

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを発売決定!気になるスペックをレビュー!

Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hのカラーバリエーションは4色でホワイト、ゴールド、グラファイトブラック、グリーンです。
こちらは、ソニーの公式発表とまったく一緒ですので、auと同じく全色対応したという事になりますね。

Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hのスペック

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを発売決定!気になるスペックをレビュー!

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを発売決定!気になるスペックをレビュー!

2015年冬春モデルでは他社が発熱問題からなのかSnapdragon 810を避け、ダウングレードしてまでSnapdragon 808を搭載する中、ソニーだけがSnapdragon 810の搭載に踏み切りました。
誰もが

発熱問題大丈夫?

って、思いましたよね。

ですが、発売して2週間前後経った現在でも目立った発熱問題の報告は上がっておりません
さすがに、しっかりと調整できたいたみたいですね。

一部では電源ボタン付近の陥没で不具合がでているなんて噂がありましたが、報告数が限定的なので個体の当たりはずれレベルの話ではないかというのが業界の流れでしょうか。

Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01HとXperia(エクスペリア) Z4 SO-03Gとの比較

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hを発売決定!気になるスペックをレビュー!

もうね。

ほとんど一緒ですよ!

発売時期から考えても2014年冬春モデルからの機種変更を想定しているんでしょう。

ドコモは3種類のXperia(エクスペリア) Z5を発売しますから、このスタンダードモデルは外せなかったんですかね?
価格面でも選択肢を持たせたいという事なんでしょうね。

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hの新機能

電源ボタンに指紋認証機能を搭載

au Xperia(エクスペリア) Z5 SOV32を発売決定!気になるスペックをレビュー!

ついにXperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hにも指紋認証がつきました。
しかも、電源ボタンに指紋認証機能が搭載されているので、本体を握るという自然な動作でロック解除ができるような設計になっています。
また、指紋認証は最大5パターンまで登録可能。

世界最速の0.03秒オートフォーカス機能

au Xperia(エクスペリア) Z5 SOV32を発売決定!気になるスペックをレビュー!

メインカメラに搭載されている、世界最速0.03秒オートフォーカス機能。
上の写真のように激しい動きをしている場面でもシャッターチャンスを逃さず撮れますよね。

ドコモ Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01HのAntutuベンチマークテスト結果

次に、実際の処理性能を示すAntutuのベンチマークテストの結果です。

Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hのベンチマークテストのスコアは63000前後

となっています。

※発売直後のベンチマークスコアです。メーカーの調整パッチで性能が上下する可能性もありますので参考程度にして下さい。

前作のエクスペリアZ4 SO-03Gより大幅にスコアを伸ばす結果となりました。
CPUは前作と同じなだけに、ソニーの調整がかなり上手くいったという事なんでしょうね。

しかし、発熱問題を解消したとはいえ、高負荷の作業を繰り返すと熱くなってくるのは従来と変わりません。
また、発熱の程度によって処理を抑えているらしく、処理能力も落ちていきます。
動画などで検索すると63000くらいのスコアのものから50000前半くらいのスコアのものまで出てくるのは、そういった理由からでしょう。

実際にAntutuのベンチマークテストを繰り返してみたところ、たしかに本体が熱くなりスコアが落ちていきます。
ただし、ベンチマークテストは高負荷処理を繰り返すものなので、日常普通に使用している限りはそこまで熱くなるような事はないと思います。

まとめ

処理能力も発熱も問題なしという事で、2015年冬春モデルのアンドロイド機種ではSnapdragon 810を搭載したXperia(エクスペリア) Z5が一人勝ち状態でしょうか。

ただ、Xperia(エクスペリア) Z5 SO-01Hは新機能は搭載されたものの中途半端になっていますし、中身は前作とほぼ同じです。
せっかくドコモで契約するのであれば、そこまで価格に違いはないと思うのでXperia(エクスペリア) Z5 Premiumのほうが良いんじゃないでしょうか。

-2016年春モデル(ドコモ)

Copyright© くろねこのしっぽ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.