くろねこのしっぽ

携帯業界で働いています。携帯やスマホの事、趣味や日記など、色んな事を書いていきます。

日記・趣味

【おすすめ度☆☆☆☆☆】聲の形(こえのかたち)感想 2015年おすすめナンバー1の漫画本ですよ!

更新日:

【漫画感想】聲の形 2015年おすすめナンバー1の漫画本ですよ!【ネタバレなし】

すごい漫画に出合いました!
「聲の形(こえのかたち)」っていうんですけど、たまたま本屋さんで見つけて何となく読み始めたら、もう止まらなくなっちゃって・・・。

3巻を読んでいるあたりかな~

この本は本棚に置いておいて自分の周りの大切な人におすすめしよう!

って思えるほどすごい本でした。
特に、自分に子供ができたらぜひ読ませたい。

聲の形(こえのかたち)は日本中で大反響をよんだ衝撃作!

【漫画感想】聲の形(こえのかたち) 2015年おすすめナンバー1の漫画本ですよ!【ネタバレなし】

聲の形(こえのかたち)は簡単に言ってしまうとイジメをテーマにした物語。

これがですねえ。少年誌なのにかなりヒドイです。
子供は残酷ってよく言いますが、罪悪感もなく人を傷つけてしまうという事は、本当に残酷だと感じました。

主人公の石田将也(いしだしょうや)は小学生時代に転校してきたヒロインの西宮硝子(にしみやしょうこ)をイジメてしまいます。
この描写がかなりリアルで嫌悪感を抱く人はかなり多いのではないでしょうか。
石田は西宮に対するイジメを楽しいと感じてしまうんですね。そして、そのイジメは石田を中心としたクラス内でのイジメに・・・。

因果応報

そんなイジメの矛先は、ある事がキッカケで石田に向いてしまいます。
そして、そこから始まった孤立は小学校を卒業しても続く事に・・・。

長く続く孤立から、イジメられる側の気持ち、孤独感、喪失感などを経験し、ついに石田はある事を決意する。
そして、その前に同じ思いをさせてしまった西宮に一言でもしっかりと謝りたいと思うように。

石田と西宮の再会が、後に二人の人生に大きな影響を与える事になります。

【漫画感想】聲の形(こえのかたち) 2015年おすすめナンバー1の漫画本ですよ!【ネタバレなし】

聲の形(こえのかたち)を読む価値はぜったいにある!

私の中では2015年の読んだ本の中で間違いなくナンバー1の漫画本です。

ちょっかいをだす程度からエスカレートしてイジメに発展し、いつかクラス内でのイジメになっていくリアルな描写。
人の心を深く傷つけてしまった人間の償おうとする様子、何か物事がうまくいきかける度に、イジメていた過去、イジメられていた過去に追い掛け回される主人公。
そして、その過去としっかり向き合おうとする姿勢など・・・

1度立ち止まって、しっかりと考えなければならないものがこの本にはある

と、感じました。

まだ子供がいない私ですが、こういう事をしっかりと考えられる人間になってほしいという思いから、この本を購入し本棚に置いておく事にしました。
それくらいの衝撃を受けたんですよね。

-日記・趣味

Copyright© くろねこのしっぽ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.